VHF-DX

5/11 VHF Log

17:03 89.10 MHz AFN沖縄 - English IC-R7000 DP
17:27 87.30 MHz FM沖縄 - Japanese IC-R7000 DP
17:40 88.80 MHz RBC琉球放送 - Japanese IC-R7000 DP

夕方沖縄方面が開けてました。101.7MHzや96.3MHzで中国語が聞こえてましたが、確認できずでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/6 VHF Log

Img_2539

2018/5/6 11:05 49.75 MHz CCTV C1 - Chinese IC-R7000 HB9CV

Img_2545

2018/5/6 19:22 49.75 MHz CCTV C1 - Chinese IC-R7000 HB9CV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/5 VHF Log

Img_2538

17:33 57.75 MHz 山東電視台 C2 - Chines IC-R7000 HB9CV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/17 VHF Log

Img_0465

17:05 49.75 MHz Первый канал(Channel One) R1 - Russian IC-R7000 HB9CV


| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/2 VHF Log

Img_0456

8:28 103.10 MHz UN ID - Russian IC-R7000 DP
14:10 49.75 MHz Россия-1(R1v) - Russian IC-R7000 HB9CV

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gqrx(2)

20150410_193930

Gqrxのバージョンを最新にしました。
変更点はバグフィックスでしょうか。特に機能追加はないようです。

バージョンアップ方法
1.ターミナルを起動し、下記コマンドを入力してMacportsをアップデートする。
  sudo port selfupdate

2.インストールされているパッケージのアップデートをコマンドで確認する。
  sudo port outdated
 
 表示された一覧の中にGqrxの最新バージョンがあるか確認し、なければ終了する。

3.最新パッケージがあれば、全てアップデートする。
  sudo port upgrade installed

 部分的なアップデートも可能なようですので、気になる方は探してみてください。
 当方は全てプログラム等は最新にというのを基本にしてますのでご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Gqrx(1)

20150328_195958

実は密かにRTL−SDRをMacに接続し遊んでいますw(主にFM受信用です。)
今回はGqrxの最新版をMacportsでコンパイルしてインストールしてみました。
自分が使用していた古いバージョンと比較すると、以下の3つが機能追加されているようです。

1.Bookmark current frequency and mode(登録すると局名が表示されます)
2.I/Q recording and replay tool(帯域記録)
3.Remote control via TCP

上記の3の機能はまだ使用してませんが、特に問題もなく安定して動いてます。

インストールする方法ですが、ターミナルを使用してのインストールがあります。
通常使用するユーザが管理者ではない場合、システム環境設定で一時的に管理者アカウントへ変更し、
作業された方がよいかもしれません。

当方の環境とインストール作業
OS:Yosemite(10.10.2)
MacBook (13-inch, Late 2009)

1.Xcodeのインストール。
 Mac App Storeから入手し、インストール。

2.Xcode Command Line Toolsのインストール。
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、インストール。
 xcode-select --install
 次にターミナルから下記を実行し、ライセンス認証を行った。
 sudo xcodebuild -license
 上記実行後にライセンス同意書が表示され、"q”を入力したあとに"agree"と入力すれば
 ライセンスに同意。

3.MacPortsのdmgをダウンロードしてインストール。
 https://www.macports.org/install.php 
 OSのバージョンにあったMacPortsのpkgを入手し、インストール。

4.MacPortsのセルフアップデートを行う。
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、アップデート。
 sudo port -v selfupdate

5.MacportsからGqrxをインストール。
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、Gqrxをインストール。
 sudo port install gqrx
 (当方は2時間程度インストールに時間がかかりました。)

6.Gqrxの起動
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、Gqrxを起動します。
 gqrx&

7.参考にしたサイト
 https://guide.macports.org/#installing.xcode
 
Macportsについては、たくさんの方が解説してますので、必要に応じて探してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3/15 VHF Log

9時台の受信時

11時台の受信時

9:50 47.90 MHz CE Music? - - FTDX3000 HB9CV
11:10 47.90 MHz CE Music? - - FTDX3000 HB9CV

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5/16 Eスポ

Picture_14

20:10 56.25 MHz R1 - Russian R7000 DP (NW)
20:35 56.25 MHz CCTV - Chinese R7000 DP (NW)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/22 Eスポ

10:32 89.00 MHz Love R - Russian R7000 DP 10:34
11:00 103.10 MHz Un ID - Russian R7000 DP
11:23 88.90 MHz Un ID - Russian R7000 DP
11:30 103.00 MHz R.Zvezda - Russian R7000 DP 11:32
11:43 89.90 MHz Russkoe R - Russian R7000 DP 11:43
11:44 88.90 MHz Un ID - Russian R7000 DP
11:49 101.70 MHz Dorozhnoe R. - Russian R7000 DP 11:49
11:59 101.70 MHz Un ID - Russian R7000 DP
12:01 102.50 MHz Evropa Plyus - Russian R7000 DP 12:01
12:03 104.40 MHz Un ID - Russian R7000 DP
12:04 106.50 MHz Dorozhnoe R. - Russian R7000 DP 12:04
12:10 103.10 MHz Un ID - Russian R7000 DP
12:23 89.60 MHz Russkoe R - Russian R7000 DP 12:23
12:24 88.90 MHz Un ID - Russian R7000 DP
12:42 106.50 MHz Dorozhnoe R. - Russian R7000 DP 12:43
13:06 88.80 MHz Retro FM - Russian R7000 DP 13:15
13:18 101.70 MHz Un ID - Russian R7000 DP
13:23 88.70 MHz R.Shanson - Russian R7000 DP 13:26

当地ではロシアが開けてましたが、大陸がほとんど聞こえない状態で聞こえていたのは初めてでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧