BCL関連

Gqrx(1)

20150328_195958

実は密かにRTL−SDRをMacに接続し遊んでいますw(主にFM受信用です。)
今回はGqrxの最新版をMacportsでコンパイルしてインストールしてみました。
自分が使用していた古いバージョンと比較すると、以下の3つが機能追加されているようです。

1.Bookmark current frequency and mode(登録すると局名が表示されます)
2.I/Q recording and replay tool(帯域記録)
3.Remote control via TCP

上記の3の機能はまだ使用してませんが、特に問題もなく安定して動いてます。

インストールする方法ですが、ターミナルを使用してのインストールがあります。
通常使用するユーザが管理者ではない場合、システム環境設定で一時的に管理者アカウントへ変更し、
作業された方がよいかもしれません。

当方の環境とインストール作業
OS:Yosemite(10.10.2)
MacBook (13-inch, Late 2009)

1.Xcodeのインストール。
 Mac App Storeから入手し、インストール。

2.Xcode Command Line Toolsのインストール。
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、インストール。
 xcode-select --install
 次にターミナルから下記を実行し、ライセンス認証を行った。
 sudo xcodebuild -license
 上記実行後にライセンス同意書が表示され、"q”を入力したあとに"agree"と入力すれば
 ライセンスに同意。

3.MacPortsのdmgをダウンロードしてインストール。
 https://www.macports.org/install.php 
 OSのバージョンにあったMacPortsのpkgを入手し、インストール。

4.MacPortsのセルフアップデートを行う。
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、アップデート。
 sudo port -v selfupdate

5.MacportsからGqrxをインストール。
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、Gqrxをインストール。
 sudo port install gqrx
 (当方は2時間程度インストールに時間がかかりました。)

6.Gqrxの起動
 ターミナルから以下のコマンドを実行し、Gqrxを起動します。
 gqrx&

7.参考にしたサイト
 https://guide.macports.org/#installing.xcode
 
Macportsについては、たくさんの方が解説してますので、必要に応じて探してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DRAKE R8の修理

先日ラジオを聴こうとR8に火を入れたところ、嫌な臭いとともに電源が切れ、その後電源が入らなくなってしまいました…。
今日は少々時間がありましたので臭いを辿りながらR8を開けてみたところ、上から2枚目の基盤の電解コンデンサが劣化による液漏れを起こしてました。

Img_0347

劣化した電解コンデンサが中央の2個です。一応パーツクリーナーで液漏れ部を拭き掃除しましたが、綺麗にはなりませんでした…。ちなみによく見るとこのボード1991年製ですね(@@;

Img_0353

取り外した電解コンデンサがこれ。少々膨らみ、嫌な臭いを放っております(笑

Img_0352

手持ちのコンデンサとの交換作業を終え、無事に火が入り5025kHzのR.Rebeldeが聞こえてます。
とりあえずこれで復活ですが、他のコンデンサも交換することを考えておいた方がよいのかもしれませんね。(23年経過したラジオですからね…(^_^;)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ノイズキャンセル

JI1ANIさんがMini-Whipを使ったノイズキャンセルの実験をされているようです。
効果はあるということですので、気になる方は下記サイトをご覧ください。

http://psk31.cocolog-nifty.com/digitalmode/2013/03/mini-whip-2-cb8.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDR#

Ws000000

SDRのフリーソフト SDR#でExcaliburを動かしてみました。
動かし方はSDR#をここからダウンロードし、解凍してできたフォルダにBonito Radiojetで配布しているExcalibur用のDLLを入れるだけです。
WFMモードもあるので、FMを聞ける受信機・Radio等のIF出力をSDRに繋げばFMも楽しめるかもしれません。
帯域記録はできませんので、あくまで聞くだけですが…。

あくまで自己責任にてお試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cupid Radio

Merry_x_mass_cupid_radio_season_car

Cupid Radioから届いたクリスマスカードです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SDRとWindows7(64bit)

既にいろいろなサイトで紹介されてますが、Win7(64bit)とSDR(Perseus・Excalibur)に関する自分の備忘録として上げておきます。

Excalibur
・ドライバ及びソフトウェアは問題なく動作

Perseus
・com0com 署名付きドライバが必要→ここからDL
・VAC 署名付きドライバが必要→ここからDL

もし上記リンク先から使用される場合は、ウィルスやスパイウェアー対策をおこなった上で、自己責任にてご使用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Perseusの記録に外付けHDD(USB 3.0)を使う

SDRも増え、PCの内蔵HDDの空きスペースが気になってきたので、今回外付けHDDを増設しました。
USB 2.0では大きなファイルを扱うには転送時に時間がかかるので、今回USB 3.0のドライブ用のケースとインターフェイスボードを購入してみました。

今回の使用パーツ
インターフェイスボード:USB3.0N4-PCle(玄人志向製)
HDD用ケース:GW3.5AX2-SU3/MB(玄人志向製)
HDD:WD10 EADS-00M2B0(WD製 1TB)

HDDは今までPCに内蔵していたものを移設しました。(PC内には2.5TBを今回増設してます。)

今回増設した外付けHDDをPerseusのタイマー記録時の保存先に指定してみたところ、問題なく記録及び再生ができました。

(上記の動画は記録したファイルを再生し、再生箇所(時間)を再生中に変更してます。)


ちなみに、当方のPCの拡張スロットはPCI Express 1.1仕様のため、転送速度は250MB/s(理論値)までしかあがりません。PCI Express 2.0仕様のPCの場合は、転送速度は500MB/s(理論値)のようです

参考までに各HDDのベンチマーク結果を張っておきます。

Ws000120

内蔵HDD(SATA接続)

Ws000121

外付けHDD(USB3.0接続)

当方のPCのMBは古いものですので、最新のMB搭載PCの場合、ベンチマークの結果はもっと早いと思います。

【注意事項】
・USB3.0コネクタにPerseusとExcaliburを繋いでも、両SDRとも通信エラーで起動しませんでした。
 これはUSB2.0と3.0では通信方法が変わっているためだと思いますが、詳細は不明です。
・今回PC内蔵として2.5TBのHDDを増設してますが、OSがXPの場合は2TBまでしか認識できません。
・静電気等に弱い部品もありますので、自己責任にて作業してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Radio Verdadの日本語番組について

先日受信したR Verdadの日本語番組について局へ問い合わせしたところ、Dr. Édgar Amílcar Madrid氏から以下の回答をいただきました。

Our Japanese Program is the Story of Jesus, which we got from the Bible Society. We play it on 12 different languages. I don't know who speaks there. Such a Program is often played around 12:00 hours UTC.

先日中国語の番組が流れていたのもこれで納得です。この番組は南米局らしく?日本時間の21:00前後にしばしば放送されるとのことですので、聞いてみたい方は是非狙ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノイズ対策(3)

ガルバニック・アイソレーターを手持ちの材料で作ってみました。
コアはFT82-#43にバイファイラ巻きで5ターンです。

測定用の治具を作ってないのでアバウトな測定(^_^;ですが、コモンモード減衰量は下記のような感じです。

Ws000104

下記は挿入ロスです。中波の真ん中辺りからロスが増えてますが…。

Ws000106

特性を見た感じでは短波のローバンドでは使えそうですので、FT50-#75を入手するまではこのまま使ってみようと思います。

【追記】

FT50-75#を入手し、新たにガルバニック・アイソレーターを作りました。
各特性は下記のとおりです。

Ws000108

上記がコモンモード減衰特性です。シエスタ師の公開されているFT37-Jの特性とほぼ同等の特性ですね。

Ws000109_2

挿入ロスは計測範囲で、ほぼ0.4dBになっていますので、前回製作したFT82-#43のものとはロスが結構違っていますね。FT82-#43仕様はこのままお蔵入りになりそうです(^_^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノイズ対策(2)

今回トロ活を見ていて、CMCを入れる位置の比較記事がありましたので、当方の環境で簡単に実験できる中間アースの前後にCMCを入れて比較してみました。

Ws000103

上記が従来のセッティング(ALA→中間アース→CMC→RX)
※→は同軸です

Ws000102

テスト1(ALA→CMC→中間アース→CMC→RX)

Ws000101

テスト2(ALA→中間アース→CMC→CMC→RX)

上記のとおり、中間アース部分にもCMCを入れた方が当方の環境ではよい結果が出ました。
中間アースの前後に入れての比較では、中間アースの後ろにCMCを入れた方が良いようですので、当面この状態で使用してみたいと思います。
なお、環境による違いで同じ結果が出ないことも考えられますので、CMCを入れる場所については、いろいろとテストして良い場所を探すことが必要だと思われます。(ちなみに当方は強電界です。)

Ws000100

上記は現在の5990kHzの入感状況です。

【追記】
Perseusの画像にマーカーを表示したものに差し替えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)