« 8/10 夜の受信Log | トップページ | 8/12 夜の受信Log »

Yaesu FT-100S

Img_0265

YaesuのFT-100Sという無線機です。昨年5月に近所のOMさんから譲っていただきました。この無線機は製造終了してから数年経ちますが、当家ではまだまだメインの無線機で、21MHzや18MHz、50MHz等で時々QSOしています。現在のアンテナはHF帯がT2FD、6mが自作半波長DPを繋いでいます。
普段BCLがメイン?なのでこのBlogには昨年のEスポ発生時以来登場の機会が無かったのですが、今回アメリカのInternational Radio Corp.製の#730(AM6kHzフィルター)を入手したので、今後この無線機で国際放送を聴く機会が増えそうです。

Img_0258_2

ちょっとピンボケな上サイズを比較するものがありませんが、フィルターは結構小さいです。
ちなみにFT-100への組込みはフィルターの足を基盤に4箇所半田付けするのですが、4本のうちの1本が固定されておらず、基盤の反対側になかなか足が出てくれませんでした。こういうところがアメリカ仕様なんですかね(笑

Img_0263

フィルターを装着するとこんな感じになります。(画像右側が今回追加したフィルターです。)狭い筐体なので中身が詰まっている印象があります。ちなみに画像ではわかりませんが、WFMのフィルターは110kHz幅のものと交換してあります。

実際に聞いてみた印象ですが、内蔵のAF DSPを併用してますがかなり聞きやすい音になってます。標準の2.4kHzフィルターでAMモードで受信すると、どうしても音が篭りがちでSSBで聞くことが多かったのですが、これでAMモードでも聞ける無線機になりました。(笑

FT-100の気に入ってる点です。

・小さいので置き場所に困らない。
・AF DSPは好みの音で、近隣からサイドを受ける場合にはDSP BPFで混信の除去ができる。
・ノイズブランカの効きはまずまず
・IFシフトが結構使える(AMモードで機能しないのが残念)

私が感じたFT-100の欠点と思われるところです。(アマ機なので仕方ないのですが…)

・設定を変更するのが面倒(何度もボタンを押さないと使いたい設定モードに切りかわらない)
・FM帯(76MHz~108MHz)の感度が低め
・STEPの変更が1kHz固定でS/ONできず、毎回STEP変更が必要(バンド内のサーチが大変)
・録音端子がない

Yaesuの音は良いとの話を良く聞きましたが、私もこの無線機を使ってみてそう感じてます。現在受信機としてはVR-5000くらいしかないのが残念ですが…。
さて、この無線機の今後の使い道ですが、今回オークションでセパレートケーブルを入手できたので、車載してモビと移動運用で遊んでたいと思います。


|

« 8/10 夜の受信Log | トップページ | 8/12 夜の受信Log »

アマチュア無線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189652/49074592

この記事へのトラックバック一覧です: Yaesu FT-100S:

« 8/10 夜の受信Log | トップページ | 8/12 夜の受信Log »