« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

6/6 Eスポ

10:09 107.30 MHz Avtoradio R7000 ELK
10:16 100.10 MHz Avtoradio R7000 ELK
10:20 101.70 MHz Radio VBC R7000 ELK
10:57 100.10 MHz 吉林人民広播電台広播資訊広播 Perseus ELK
10:57 100.30 MHz ××交通文芸広播? Perseus ELK
11:27 97.40 MHz 北京人民広播電台音楽広播 Perseus ELK
11:27 97.70 MHz 中央人民広播電台中国之声 Perseus ELK
11:27 97.90 MHz 中央人民広播電台中国之声 Perseus ELK
11:57 97.10 MHz シィンロン人民広播電台? Perseus ELK
11:57 97.50 MHz 遼寧交通広播 Perseus ELK
11:57 97.70 MHz 中央人民広播電台中国之声 Perseus ELK
11:57 97.90 MHz 中央人民広播電台中国之声 Perseus ELK
11:57 98.00 MHz 中央人民広播電台経済之声 Perseus ELK
12:22 89.20 MHz 蒙古語局

今日は長時間開けていて体力勝負でした。ロシア語が聞こえてくると気分が盛り上がりますが、今日は中国語局が大半を占めていました。


| | コメント (5) | トラックバック (0)

Cupid Radio(15070kHz)

Reception date: February 14th, 2010
Time: 18:21-20:00 JST Frequency: 15070kHz
Language: English

Cupid_1

Cupid_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/5 Eスポ

Ws000053

9:55 100.80 MHz 中央人民広播電台 Perseus ELK
9:55 101.20 MHz 遼寧人民広播電台 Perseus ELK
9:55 101.40 MHz 中央人民広播電台 Perseus ELK
9:55 101.80 MHz 遼寧人民広播電台 Perseus ELK
10:28 94.60 MHz 山東人民広播電台(News Radio) Perseus ELK
10:58 94.60 MHz 山東人民広播電台(News Radio) Perseus ELK
10:58 94.90 MHz 中央人民広播電台 Perseus ELK
11:59 93.50 MHz 中央人民広播電台 Perseus ELK
11:59 93.70 MHz 江蘇新聞広播 Perseus ELK
11:59 94.00 MHz アンフェイ人民広播電台?→安徽人民広播電台戯曲広播 Perseus ELK
12:39 93.10 MHz 台北広播電台 R7000 ELK
13:03 92.30 MHz 宜蘭郷親広播電台 R7000 ELK

先日の記事「Perseus でEスポ監視」で、福永さんから周波数遷移幅についてのコメントを頂き、もしやと思い今日のEスポで帯域記録を行なってみました。実際記録した局の一部についてはIDが取れる事もありましたので、帯域記録の使い道はありそうです。しかし、周波数遷移幅が広い局(画像の93.1MHzの局)などもありますので、信号は強いも音割れが酷く、IDがとれないこともありますので、現時点では諸刃の剣かもしれません。ただし、IFを出力している受信機で周波数遷移幅が広い局を受信しながらICレコーダーで録音し、その出力に合わせて周波数設定を行なったPerseusで帯域記録すれば、周波数遷移幅が広い局もあわせてIDとれるかもしれませんが…。
結局、80kHz幅程度のFMフィルターの設定は欲しいところです。
ちなみに、今回の93.6MHzや93.7MHzの音はPerseusの記録ファイルから切出した音源で、Perseusのソフトは今朝公開されたv3.0βを使っています。

最後になりますが、福永さん情報ありがとうございました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/4 Eスポ

Img_0235

13:45頃のR1映像です。朝のうちはCCTV-1が映っていましたが、昼ごろから北方面が開けたようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/1 Eスポ

Img_0228

Img_0229

18:30頃に当地で受像できたC1の映像です。内容はアニメ番組のようでした。
(受信機 IC-R7000+TV-R7000J+液晶TV アンテナ ALA-1530+)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »