« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

7/29 夜の受信Log

18:31 4915.02 kHz Un ID Station 24332 Portuguese 545 T2FD

R Daquiを狙って聞いていたのですが、今日は"ハレルヤ"と叫ぶ説教番組でした。IDはとれませんでしたが、音源には"Anhanguera"と聞こえるような部分が…?ちょっとワッチが必要かもです。

【追記】
月刊短波8月号にBrazil局の情報がUPされてました。詳細はこちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Campus Radio (89.3MHz)

Reception date: May 29th, 2009
Time: 13:56-14:06 JST Frequency: 89.3MHz
Language: Phiripino

Rgma

Campus RadioのVAN局長から返信がありました。完全べりではありませんが、私の聞いた番組をどのような内容かも解説してくれてますので個人的には大感激です。実は2枚目もあるのですが、個人情報を含みますので1枚目のみの公開です。(爆
Campus Radioへの送付先をお教えいただいたB師匠、ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

7/20 朝の受信Log

3:25 1548.00 kHz ABC 24332 English R75 ALA
3:40 1548.00 kHz TWR 24332 Bulgalian? R75 ALA
4:15 558.00 kHz (DZXL) 34433 Phiripino R75 ALA
4:50 1512.00 kHz Un ID Station 24322 Phiripino? R75 ALA

久々に月曜早朝受信です。1548lHzでABCが強かったのですが、3:30に裏でISが聞こえたのでALAを振るとTWRが聞こえてました。その他ではPHL局が入ってましたが、当地では落ちるのが早く、確認できずでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T2FD(2)

今まで使っていた自作T2FDですが、第一電波工業製のT2FDをSOMよりお譲りいただきましたので、昨日の日中(暑かった…)に張り替えました。実はまだ公開してなかったのですが、FRMS(Frequency Response Measuring System)という測定器を以前自作していました。(^_^;) 今回この測定器のSWR表示機能と自作したリターンロスブリッジを使って、自作T2FDと第一電波工業のT2FDのSWRを計測してみました。設置方法は自作T2FDと同じ、給電点を頂点にした逆Vです。

Ws000005

これが自作のT2FDのSWRです。結構数値が暴れてますが(^_^;)、長さが30m、エレメント間が90cmと大きく重いので、弛まないように張るのも難しく、どうしても屋根に近づいてしまう箇所がありますので、このような値なのかもしれません。

Ws000006

これが第一電波工業製のT2FDのSWRです。長さ約25m、エレメント間約30cm、重さ3.1kgと自作したT2FDより一回り以上小さいです。給電点の高さは同じなのですが、エレメント間が半分で重さも軽いこともあり、弛まずに張れて建物から自作T2FDより離れています。SWRは4MHz以上の周波数で2.0以下に収まってます。

受信をメインとして使ってみた感想ですが、どちらもローノイズなのは変わりありませんが、若干第一電波工業製のものの方が全体的に静かな印象です。これは全長が短くなったことで、ノイズ源の電柱等から離れたからかもしれません。
感度の方はローバンド(特に90mbや75mb)は若干自作ものの方が良かったように感じますが、これは全長の違いが関係しているのでしょう。

結論としては、我が家には第一電波工業製のT2FDの方が適しているようですので、こちらを常設アンテナとして使ってみたいと思います。自作T2FDの方は実家の方に設置することになりそうです。また機会がありましたら、自作T2FDに使っていたバランと第一電波工業のエレメントの組合せでも計測してみたいと思います。しかし、昨日でもかなり暑かったので、当分屋根に上る気になりませんが…。(;´Д`A ```
最後になりましたが、T2FDを譲っていただいたSOM、本当にありがとうございました。

※二つのT2FDはバランの仕様やサイズが違います。その点を良くご理解の上参考にしてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7/19 夜の受信Log

18:35 4915.02 kHz Radio Daqui 24332 Portuguese 545 T2FD
19:15 4885.02 kHz Un ID Station 24222 Portuguese 545 T2FD
19:40 4824.46 kHz (La Voz de la Selva) 24222 Spanish 545 T2FD
19:47 9514.98 kHz Un ID Station 23322 Portuguese 545 T2FD

今日もLA方面はいまいち上がらずでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/18 Eスポ

10:25 88.80 MHz 温州経済生活広播 - Chinese R7000 ALA
10:58 66.86 MHz Retro FM - Russian R7000 ALA

ロシア方面が開けていたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/17 夜の受信Log

850.00 kHz (KICY) 23432 Russian R75 ALA
780.00 kHz KNOM 23432 English 545 ALA

LA方面は聞こえませんでしたが、DX BBSの太さんの情報でアラスカ方面入感中とのことでダイアルを合わせてみました。850kHzはIDがとれませんでしたが、780kHzは何とか"KNOM"ととれました。太さん情報TNXでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/12 夜の受信Log

18:00 3945.00 kHz R Vanuatu 25332 Vernaculars 545 ALA
18:40 4915.02 kHz R CBN Anhanguera 25232 Portuguese 545 ΔLOOP
19:12 4814.97 kHz Un ID Station 24222 Portuguese 545 ALA

今日は南方が良かったようで、R Vanuatuが良い状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/11 Eスポ

8:10 88.50 MHz Avtoradio - Russian R7000 ALA
8:20 89.00 MHz Love Radio - Russian R7000 ALA
8:35 87.90 MHz Retro FM - Russian R7000 ALA
8:54 87.80 MHz Un ID Station - Russian R7000 ALA
9:10 88.70 MHz Un ID Station- Russian R7000 ALA
10:03 53.75 MHz E2 - Thai? R7000 ALA
11:07 71.24 MHz Radiostantsiya Yunost' - Russian R7000 ALA

今日は早い時間からロシア方面がオープンしてました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/10 Eスポ

17:10 59.75 MHz A2 - Phiripino R7000 ALA
18:33 88.10 MHz NHK-沖縄 - Japanese R7000 ALA
18:39 53.76 MHz E2 - Thai? R7000 ALA
19:06 87.90 MHz Un ID Station - Russian R7000 ALA

今年のEスポもシーズン終盤を迎えたようですね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Radio Romania International(9690kHz)

Reception date: June 14th, 2009
Time: 05:29-05:57 JST Frequency: 9690kHz
Language: English

Roania1

Romania2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/5 夜の受信Log

18:00 3945.00 kHz R Vanuatu 25332 Vernaculars R75 T2FD

昨日は出ていなかった?Vanuatuが今日は聞こえていました。LA方面も期待したのですが、当地ではキャリアのみでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/5 Eスポ

11:55 59.75 MHz ABS-CBN - Phiripino R7000 ALA
12:16 88.10 MHz Un ID Station - ? R7000 ALA

今日はA2チャンネルの音声が聞こえていました。88.1でなにやら聞こえてきたのですが、音楽だけの一瞬芸でした。(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/5現在のShack

Img_0148

しばらくShack関連の記事を更新してませんが、少しずつ変化しておりました。(^_^;) まだ記事にしてないものもありますのでそのうち紹介しま~す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

7/5 朝の受信Log

5:18 4975.97 kHz R Uganda 24332 English/Vernaculars R75 ALA

早く目が覚めたので60mbのアフリカ方面を聞いてみましたが、Uganda以外は弱く、あまり良いコンディションではなかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/4 夜の受信Log

18:02 5910.06 kHz Marfíl Estéreo 23332 Spanish R75 T2FD
18:43 4915.03 kHz R CBN Anhanguera 25232 Portuguese R75 ΔLOOP
19:58 4885.02 kHz Un ID Station 24222 Portuguese R75 ΔLOOP
20:18 4824.47 kHz Un ID Station 24322 Spanish R75 ΔLOOP

久しぶりに聞きましたが、LA方面はまだコンディション良くないですね。このまま夏枯れかも…。(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

7/3 夜の受信Log

18:15 3945.00 kHz R Vanuatu 23332 Vernaculars R75 T2FD

ネット上でVanuatu復活の情報を見かけましたので、私も録音を仕掛けてみました。昨日は弱かったようですが18;59にSAが録れてました。減りつつある短波局の復活はありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »