« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

6/30朝の受信Log

3:26 5025.00 kHz Radio Parakou 25232 French ID at 3:28
3:31 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 34333 French SA at 3:45
3:48 4880.00 kHz SW Radio Africa 34333 English Para with 11810kHz
3:53 4780.00 kHz Radiodiffusion TV de Djibouti 35333 Afar ID at 4:00
4:03 4835.40 kHz (Radiodiffusion TV du Mali) 25232-1 French Low Moduration
4:07 4930.00 kHz VOA-Botswana 35333 English Para with 4940kHz
4:08 4940.00 kHz VOA-Sao Tome E Principe 35333 English
4:11 4845.00 kHz (Radio Maritanie) 25232-1 Arabic Low Moduration
4:15 4976.00 kHz Radio Uganda 24332 Vernaculars ID at 4:22
4:27 4770.00 kHz Radio Nigeria-Kaduna 24332 Vernaculars ID at 4:29
4:45 4965.00 kHz Christian Voice 25332 English SA at 4:45
4:49 5990.00 kHz Radio Ethiopia 35333 Vernaculars Para with 7110kHz
4:56 6055.00 kHz Radio Rwanda 33433 Vernaculars ID at 4:59
5:15 5915.00 kHz Zambia National B.C. 35333 Vernaculars SA at 5:28
5:35 9575.00 kHz Radio Medi Un 35433 French
6:00 9525.00 kHz Radio Budapest 23332 English IS at 5:59
6:07 9705.00 kHz ORTN-Niamey 34433 Vernaculars

今朝は60mbを主に聞きましたが、弱いながらもそれなりに聞こえていたように感じました。
IDは取れませんでしたが、MauritaniaやMaliなどの西アフリカ勢がかろうじて音になっていたのは久しぶりでした。
また、短波放送を終了するRadio Budapestを狙ったのですが、同波のCRIが終了後もVoice of Indonesiaのキャリアが出ており、その下でかろうじてISが聞こえたのと、ぼそぼそとキャリアの下で女性アナの英語トークが聞こえているのみでした。綺麗に録音をしたいところですが、明日で放送も最後だそうですので、ちょっと難しいかもしれません…。

【おまけ】
昨夜も4732kHzの新局を追いかけていたのですが、残念ながら撃沈でした。当地で一番良く聞こえた19:45頃の音です。
「070629_4732_1945.mp3」をダウンロード
やはり、南米方面のコンディションがもう少し上がらないと確認は難しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROMチューン(2)

Img_0465

これがランサーのCPU本体の基盤です。画像の右下にあるゼロプレッシャーソケットに刺さっている石(27C256)のデータ書き換えを行う訳です。もともとは27C256が直付けですので、それを剥がすのが一苦労です。ICを抜く作業をしたことがある方はわかると思いますが、この石は足が28本ある上に基盤自体が両面プリントになっているので、結構慎重に剥がさないとプリントがはがれてしまったりと大変なことになります。(汗)

Img_0466

そこで私が使っている工具がサンハヤトさんの「はんだしゅっ太郎」です。(画像下側)ふざけたネーミングにもかかわらず、これを使うと大変楽です。(笑)ICだけでなく、自作時のFETや抵抗などのパーツの交換などにも大変役に立ちます。簡単にいいますとこのこては、はんだこてのこて先の中心に穴が空いていて、そこからはんだを吸い取ってしまうものです。(手動です。)ですので、はんだ吸い取り線などを使うより、あっという間にはんだを吸い取ってしまうので、部品自体にも熱が伝わらないので、部品が熱で壊れるということも少なくなります。
自動はんだ吸い取り器などもありますが、高価なので私はこちらを使っています。(本当は自動はんだ吸い取り器も欲しいのですけどね。)

ちなみに、先日ROMの書き換えを行ったランサーエボリューションですが、シャーシーダイナモ(馬力測定機)で、約320馬力ということだったのですが、オーナーの希望でもっとパワーが欲しい(爆)ということで、更にパワー重視でROMの書き換えになりました。3つほど作りましたが、さてどんな結果になりますやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6/26夜の受信Log

19:54 4732.00 kHz (Radio Universitaria) 25232 Spanish No ID

今日も南米方面は聞こえないだろうと思いながらRXに火を入れ、続「Yokohama DX」掲示板を見ていたところ、化石さんが情報を上げられていた4732kHzが入感しているとの越郷屋さんの書込みを見て、急いでダイアルを合わせました。20時のID狙いで19:54から録音を始めましたが、すぐにCWの混信が始まってしまい音楽をちょっと聴けただけでした。(泣)
「070626_4732_1954.mp3」をダウンロード
時間にして15秒の混信が無い状態の録音でした…。ちなみに、ボリビアの新局だそうです。

化石さん、貴重な情報ありがとうございました。
しばらくは、夕方のこの周波数は要ワッチです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/23朝の受信Log

3:16 7110.00 kHz Radio Ethiopia 35333 Amharic Para with 5990kHz
3:25 3396.00 kHz Radio Zimbabwe 24332 Vernaculars ID at 3:31
3:34 4828.00 kHz (Voice of Zimbabwe) 25232-1 Vernaculars Non Stop Music
3:39 11810.00 kHz SW Radio Africa 35333 English Para with 4880kHz
3:43 6055.00 kHz Radio Rwanda 34333 Vernaculars ID at 3:46
3:51 6185.00 kHz Voice of Tigray Revolution 35333 Tigrinya Para with 5970kHz
3:57 7165.00 kHz Radio Ethiopia 35333 Somali ID at 3:59
4:07 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 25332 French
4:12 3345.00 kHz Channel Africa 35333 Portuguese SA at 4:23
4:35 6010.00 kHz Radio Bahrain 34333 English ID at 5:01 and 5:03
5:07 4930.00 kHz VOA-Botswana 34333 English SA at 5:07
5:14 5915.00 kHz Zambia National B.C. 35333 Vernaculars ID at 5:43
6:00 9525.00 kHz Radio Budapest 35333 English ID at 6:00
7:15 9760.00 kHz Cyprus B.C. 33332 Greek 7:15 Openning Music
7:25 15525.00 kHz HCJB-Australia 55544 Japanese

今朝の60mbのアフリカ方面は当地ではいまいちでした。それに反して90mbの方は比較的良好だったと思います。
いつもチェックしている4828kHzは上記のとおり弱く、なんとか音楽が聞こえているのを確認できただけでした。
いろいろな方のBlogで取り上げられている、R.Bahrainが今朝も聞こえていました。今朝はいつもの音楽に乗せたSAが5:01に短いもの、5:03に長いもので確認できました。その時の音です。(短く編集してあります。)
「070623_6010_0501.mp3」をダウンロード

【おまけ】
昨夜も何かと忙しくちょっとだけしか聞けませんでしたが、2960kHzのManggaraiが聞こえていました。
「070622_295998_2044.mp3」をダウンロード
「070622_295998_2059.mp3」をダウンロード


【追記】
ここ2日ばかり強力だった15120kHzのVoice of Nigeriaが聞こえていません。今朝6時からの7255kHz(フランス語プロ)もダイアルを合わせてみましたが、キャリアすら取れませんでした。現在ナイジェリアで行われている石油価格に関するゼネストの関係でしょうか?現在ナイジェリアでは、学校や官庁、銀行などの施設も閉鎖され、ライフラインも止まっているそうです。放送が聞こえないのと関係があるか不明ですが、早期に問題が解決されることを望みます。

【追記2】
本日16:00現在15120kHzでVoice of Nigeriaが受信できています。放送は行われているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビバレージアンテナ

ご近所DXerのS師の影響を受けて、モビ用ビバレージアンテナを作成しました。ワイヤー長は180m、9:1バランBoxと終端抵抗Box、アース棒2本です。
一度自宅での設置を試みましたが、北東方向への設置は不可能でした。(笑)
稲刈りが終われば、家の裏の田んぼのあぜ道に設置することはできそうですが、それまではお蔵入りですね。サイクリングの時にも良い場所を探しているのですが、なかなか良い場所(方向)がないです。当地はかなり田舎なんですけどねぇ。(爆)

Img_0462

| | コメント (4) | トラックバック (0)

受信音カテゴリーについて

今まで当Blogで受信音のカテゴリーを作っていましたが、受信Logで受信音を公開する事が多くなりましたので、受信音のカテゴリーは今後追加しませんのでご了承下さい。なお、別途受信音のページがありますので、過去の受信音はこちらのページでお聞きください。(リンク集のBCL受信音がそうです。)

http://homepage2.nifty.com/bcl/ (BCL受信音のページ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

波崎ウィンドファーム

今日は地元茨城の神栖市にドライブに行ってきました。神栖市はアントラーズで有名な鹿嶋市の南に位置します。鹿島港を中心とした工業団地が広がり、いつも目にしている自然の風景とはちょっと違います。
神栖市に入り、太平洋に面した海沿いの道路を進むと「波崎ウィンドファーム」という風力発電所群が目につきました。私はこれだけの数の風力発電所が並んだ景色を見た事がないので、ちょっと圧倒されました。
Img_0458
画像には入りきりませんが、この場所だけで12基あり、さらに1kmほど南に3基あります。
Img_0455
風力発電所のすぐ隣にあったアンテナです。やはり、どこに行ってもアンテナは気になります。(笑)
漁業無線のアンテナでしょうか?
Img_0453
風力発電所群の南端から南方向を見た風景です。遠くに見えるのは銚子市です。また、海は鹿島灘と言われているとおり、波が常に高く絶好のサーフポイントのようです。
久しぶりに潮風に当たったおかげで、良い気分転換になりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Voice of Indonesia (9525kHz)

昨年9/4に受信したVoice of IndonesiaからのQSLカードの返信がありました。返信にムラがあるとは聞いていましたが、ほんと忘れた頃に手元に届きました。(笑)
現在の日本語放送は1時間番組になったという情報もありますが、私はまだ確認していません。RF-2600も稼働するようになりましたので、久しぶりにVoice of Indonesiaの日本語放送を聞いてみたいと思います。
Voi1Voi2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/18朝の受信Log

2:40 11960.00 kHz Radio Mali 35333 French SA at 2:53
3:12 5025.00 kHz Radio Parakou 35333 French SA at 3:28
3:30 4828.00 kHz (Voice of Zimbabwe) 24232 Vernaculars Non Stop Music
3:35 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 35333 French ID at 4:00
4:02 4770.00 kHz Radio Nigeria-Kaduna 35333 Vernaculars ID at 4:29

今朝のアフリカ方面は今の時期ですと普通でしょうか。
越郷屋さんのBBSでしんぞうさんが情報を上げられている11960kHzのR.Maliを聞いてみました。混信も無く信号も強いので今の時期が旬なのかもしれません。
「070618_11960_0255.mp3」をダウンロード

早朝受信時にはチェックしている4828kHzですが、今朝は信号が弱くやっと音の状態で良くありませんでした。今日現在もテスト放送のようで、延々と音楽を流していました。

昨日は早く寝たとはいえ、さすがに眠いのでこれからちょっとだけ二度寝です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンテナ4分配器

Img_0435

大進無線さんで公開しているアンテナ4分配器を自作してみました。部品の調達は地元茨城にあるコスモ電子さんで揃えました。実はパーツ調達の際にちょっとした間違いがありました。パーツ屋さんで買い物をされた事がある方はおわかりになると思いますが、パーツ屋さんでは部品毎に袋詰めしてくれます。いつものように私も欲しい部品を袋詰してもらい、早々に部品調達を済ませました。家に帰ってから購入したフェライトコアの袋を開けてみると見ると、なんとお店で在庫としてあったフェライトコア(FT-23#77)が全て私の袋の中に入っていました。(笑)さすがにこのままではこの先買い物に行けなくなると困るので、後日お店に返しに行ったところ、その時購入した部品代をサービスしてくれました。という訳でちょっとラッキーでした。
アンテナ分配機の性能の方は、まだDX局の受信を行っていないのでわかりませんが、大出力局を受信した限りでは、アンテナを直接繋いだ場合と比べると10~15dBほどSメータ読みで下がった程度でした。
これでこのところ活躍の場が無かったRF-2600が、国際放送を良い音で聞かせてくれそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

6/17朝の受信Log

3:27 5025.00 kHz Radio Parakou 35333 French SA at 3:29
3:43 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 35333 French ID at 4:01
4:02 4828.00 kHz (Voice of Zimbabwe) 25332 Vernaculars Non Stop Music
4:08 4976.00 kHz Radio Uganda 35332 Vernaculars ID at 4:28
4:32 4770.00 kHz Radio Nigeria-Kaduna 25332 Vernaculars
4:46 6055.00 kHz Radio Rwanda 34433 Vernaculars ID at 5:00
4:49 6030.00 kHz (Radio ICDI) 33433 French No ID
5:02 15120.00 kHz Voice of Nigeria 55444 English SA at 5:33
5:38 9575.00 kHz Radio Medi Un 45443 French

今朝は昨日ほどアフリカ方面は開けていませんでした。
いつも追いかけている4828kHzのVoice of Zimbabweですが、今朝は昨日より弱い上にOTHレーダーが出てきたため、時間にして30分程度しか聞けませんでした。(IDはありませんでした。)
また、parcelさんの情報によると、朝の常連のORTN-Niameyが送信機のトラブル?のようで、放送の途中から停波してまったそうです。私も9705kHzにダイアルを合わせてみましたが、キャリアすら取れませんでした。たいした事がなければよいのですが…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/16朝の受信Log

3:25 4828.00 kHz (Voice of Zimbabwe) 34333 Vernaculars No ID
3:26 3396.00 kHz Radio Zimbabwe 34333 Vernaculars ID at 3:26
3:38 3200.00 kHz TWR-Swaziland 34333 English SA at 4:00
4:08 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 25332 French ID at 4:15
4:18 5005.00 kHz Radio Bata 34433 Spanish SA at 4:29
4:31 4976.00 kHz Radio Uganda 34433 English ID at 4:34
4:40 4949.97 kHz (Radio Nacional de Angola) 23232-1 Portuguese
5:06 4769.97 kHz Radio Nigeria-Kaduna 25332 Vernaculars SA at 5:13
5:17 4930.00 kHz VOA-Botswana 34433 English Para with 4940kHz
5:18 4940.00 kHz VOA-Sao Tome E Principe 35433 English
5:45 5915.00 kHz Zambia National B.C. 34433 Vernaculars
6:00 9580.00 kHz Africa No.1 34433 French ID at 6:00
6:01 7255.00 kHz Voice of Nigeria 34433 French ID at 6:01
6:03 9705.00 kHz ORTN-Niamey 44444 Vernaculars

今朝のアフリカ方面はかなり良かったように感じました。
4828kHzのVoice of Zimbabweといわれている局ですが、今朝も音楽を流しつづけておりID確認できませんでした。今朝流れていた音楽はこのようなものです。
「070616_4828_0403.mp3」をダウンロード

同じくZimbabweからの3396kHzのR.Zimbabweも入感していました。3時26分のID部分の音です。
「070616_3396_0326.mp3」をダウンロード

90mbの状態も良かったようで、3200kHzのTWR-Swazilandも良好でした。トークが多いので、あまり楽しめませんが、4時のSA部分の音です。
「070616_3200_0400.mp3」をダウンロード

90mbも良好でしたが、60mbも良好で、4949.97kHzUSBでAngolaらしき局も聞こえていました。時折ポルトガル語のトークとアフロポップが聞こえていたので、IDを取れなかったのが非常に残念です…。
そろそろ夏枯れかとも言われていますが、今朝のアフリカ方面はまだまだ元気でした。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

ROMチューン(1)

Img_0434

久々に自動車のコンピューターチューンの依頼がありました。今回はダートトライアルで使用している改造車で、全日本に出場する?とのことで依頼を受けました。本来は実車セッティングを行いながら、現地でROMの書換を行うのですが、今回は時間がないので大まかなエンジンの仕様を聞いてROMを作りました。これで一発でセッティングが決まれば良いのですけどね。
ちなみに画像はROMの書換に使用しているPCとROM Writerです。私はSmart-Writer SW-1という機器を使っています。この機器で27C256の石にエンジンのデータを焼いて、自動車のCPU基盤に差して使用します。しかし、現在の自動車はフラッシュROMを使用しているのでこの方法では書換ができません。自動車のCPUもどんどん進化しており、その流れについていくのも大変です。ちなみに、私は現在の自動車のCPUのデータ書換の機器は待っていません。あまりにも高価な為です。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/10朝の受信Log

2:45 6010.00 kHz Radio Bahrain 34333 English ID at 2:55
3:06 7110.00 kHz Radio Ethiopia 34433 Amharic Para with 5990kHz
3:21 5025.00 kHz Radio Parakou 35333 French SA at 3:27
3:30 4976.00 kHz Radio Uganda 24332 Vernaculars ID at 3:31
3:37 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 35333 French ID at 3:51
3:58 5010.00 kHz Radio Madagasikara 25332 Vernaculars
4:05 3200.00 kHz TWR-Swaziland 24332 English SA at 4:09
4:10 3345.00 kHz Channel Africa 35333 Portuguese ID at 4:14
4:21 4828.00 kHz (Voice of Zimbabwe) 35333 Vernaculars Non Stop Music
5:14 5915.00 kHz Zambia National B.C. 34433 Vernaculars ID at 5:32
5:32 15120.00 kHz Voice of Nigeria 45444 English SA at 5:52

今朝のアフリカ方面は、空電さえなければ状態は良かったように感じました。
4828kHzのVoice of Zimbabwと噂になっている局ですが、3時台にはキャリアも確認できませんでしたが、4時過ぎにダイアルを合わせたところ良好に入感していました。しかし、いつものごとくIDのアナウンスはなく、ずっと音楽を流しているだけでした。当地では5時半頃にはf/outしてしまうので、それまでの時間が勝負なのですけどね。早いとこ本放送を開始してくれるのに期待したいものです。
「070610_4828_0430.mp3」をダウンロード
「070610_4828_0459.mp3」をダウンロード
どちらの音も今朝の4828kHzの音ですが、04:59の音には時報が入っています。ただし、IDのアナウンスはありません。今朝はこのように良好でしたので、アナウンスが無かったことが非常に残念です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

6/6朝の受信Log

3:20 5025.00 kHz ORTB-Parakou 35433 French SA at 3:31
3:48 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 34433 French ID at 4:00

早朝にちょっと目覚めたので少しだけ聞いてみました。
ORTB-Parakouが比較的良好でした。フランス語のトーク番組が続いていましたが、3:31にテーマ音楽?の後にSAが出ました。
「070606_5025_0331.mp3」をダウンロード

その後にこちらもフランス語局のBurkinaを聞いていました。IDが4時に出て、それを聞いて睡魔に負けて二度寝です。(笑)
ざっと60mbを流したところ、4976kHzのUgandaと4770kHzのKadunaなども聞こえていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/4夜の受信Log

18:55 4746.89 kHz Radio Huanta 2000 24332 Spanish ID at 19:59
19:13 4716.66 kHz Radio Yura 25332 Spanish SA at 19:18

今夜も昨日に引き続き聞いてみましたが、キャリアもしくはかろうじて音になっている周波数はありましたが、当地ではそれほどよく聞こえませんでした。
まずはR.Huantaですが、当地では19:00から中国局のサイドを受け始めるので、サイドを受ける前にIDがとれればと思い合わせてみました。
「070604_474689_1859.mp3」をダウンロード

昨日も聞こえていたR.Yuraにダイアルを合わせると、今日も既にキャリアが出ていたので放送開始時を狙ってみました。開始音楽は3分ちょっとありましたので、音楽の終了部分とSA部分の音です。
「070604_471666_1918.mp3」をダウンロード

その後も60mbをうろうろするも、キャリアもしくはかろうじて音の周波数がいくつかあるだけでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6/3夜の受信Log

18:17 6134.80 kHz Radio Santa Cruz 35333 Spanish SA at 18:37
18:43 6009.45 kHz (La Voz de Tu Conciencia) 35333 Spanish No ID
19:06 4746.89 kHz Radio Huanta 2000 24332 Spanish SA at 19:07
19:28 4716.65 kHz Radio Yura 35333 Spanish SA at 19:51
19:58 4779.96 kHz Radio Cultual Coatan 35333 Spanish SA at 20:01

今夜は南米方面が良いとの情報でしたので、久々に聞いてみました。
まずは、リハビリを兼ねてのR.Santa Cruzです。信号も強めでいい感じで聞こえていました。
「070603_613480_1837.mp3」をダウンロード

次にLa Voz de Tu Concienciaらしき局を狙うも、延々とトークが続きIDが出ませんでした。状態が良かっただけに残念です。

60mbをサーチすると、4746.89kHzで「コンドルが飛んでいく」のメロディーが聞こえてきて、慌てて録音を開始しました。後ほど聞きなおすと、38秒後に「Radio Huanta」のアナウンスがでていました。
「070603_474690_1907.mp3」をダウンロード

続いて4716.65kHzに合わせると、南米特有のフォルクローレが聞こえてきました。私が南米を聞き始めて、一番良い状態だったように思います。音源は19:51のSA部分です。
「070603_471666_1951.mp3」をダウンロード

その後、ペルー方面を狙うも空振りということで、常連のR.Coatanです。
「070603_4780_2001.mp3」をダウンロード

最低でもこれくらい聞こえてくれると、私個人としてはありがたいです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

6/2朝の受信Log

2:49 6055.00 kHz Radio Rwanda 34333 Vernaculars ID at 2:59
3:14 6110.00 kHz Radio Fana 33433 Amharic Para with 7210kHz
3:24 7110.00 kHz Radio Ethiopia 34433 Amharic Para with 5990kHz
3:27 5030.00 kHz Radiodiffusion TV du Burkina 34333 French ID at 3:31
3:46 4828.00 kHz (Radio Zimbabwe) 25332 Vernaculars
4:06 5915.00 kHz Zambia National B.C. 34433 Vernaculars ID at 4:07
4:22 9705.00 kHz ORTN-Niamey 45444 Vernaculars SA at 4:59
5:01 4780.00 kHz Radiodiffusion TV de Djibouti 25332 Afar National Anthem
5:02 15120.00 kHz Voice of Nigeria 45444 English SA at 5:30

今朝の60mbアフリカ方面は全体的にはいまいちだったように感じました。
このところ連日ICレコーダーでの手抜き録音をしていた4828kHzですが、今日は音楽が聞こえていました。(ちなみに、手抜き録音の成果はなしです。)しかし、この局はIDが出ないです。すっと音楽を流し続けていて今日も確認はできませんでした。

【追記】
4828kHzを録音した音(6/2の4:20頃)をUPします。音楽と男性トークがかぶっているようにも聞こえるのですが、ちょっと不明です。IDも何も取れていませんが、参考までにお聞きください。
「070602_4828_0420.mp3」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »